【完全暴露】映画『search/サーチ』のあらすじ・ネタバレと感想!ラストの結末は?

娘が行方不明。唯一の手がかりは24億8千万人のSNSの中にある。10月26日(金)より全国でロードショーとなる「search/サーチ」は、ストーリーの全てがパソコンの画面上で展開されるという、これまでになかった作品です。

今回はそんな「search/サーチ」についてご紹介します。

search/サーチの予告動画

search/サーチの作品情報

タイトル:search/サーチ
原題:Searching
監督:アニーシュ・チャガンティ
脚本:アニーシュ・チャガンティ、セブ・オハニアン
製作:セブ・オハニアン、ティムール・ベクマンベトフ、アダム・シドマン
公開日:2018年8月24日(アメリカ)、2018年10月26日(日本)
出演者:ジョン・チョー、ミシェル・ラー、デブラ・メッシング、サラ・ソーンなど

本作はアニーシュ・チャガンティ監督のデビュー作です。アニーシュ・チャガンティは、現在27歳。Googleのプロジェクトで、全編をグーグル・グラスで撮影した2分半の短編「Seeds」を製作したことで注目されました。また、本作は既にアメリカで公開されており、2018年サンダンス映画祭では観客賞受賞という結果を残すなど、批評家からも絶賛されています。

search/サーチのキャスト

主人公のデヴィッドを演じるのは、韓国生まれの俳優、ジョン・チョー。「アメリカン・パイ」で注目され、「スタートレック」シリーズのヒカル・スールー役としても知られています。デヴィッドの娘・マーゴット役は、人気ドラマ「Mom」や「ギルモア・ガールズ:イヤー・イン・ライフ」に出演するミシェル・ラー。ヴィック刑事はデブラ・メッシング。人気長寿ドラマ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」で有名な女優です。

search/サーチのあらすじとネタバレ

あるパソコンの画面。チャットに新しいアカウントが登録される。

登録したのは、デヴィッド・キム。早速、妻のパメラ、娘のマーゴットの3人の姿がチャットの画面に映し出される。

日に日に成長するマーゴット。初めての幼稚園、初めてのピアノ教室。その様子は写真や動画に収められ、パソコンのフォルダに保存されていった。

しかし、パメラは癌で亡くなってしまった。マーゴットは高校生になり、父と2人での生活を送るが、思春期の娘と父の関係は良好とはいえなかった。デヴィッドは、パソコンに保存されたかつての写真や動画を見ては、懐かしんでした。

行方不明になるマーゴット

ある晩、デヴィッドが眠っている間にマーゴットから何度も不在着信があった。朝になり電話をかけ直すが、夕方になっても連絡がつかない。その日はピアノレッスンがあったことを思い出し教室に連絡をしてみると、なんとマーゴットは半年前に教室を退会していたのだ。

これまでマーゴットに渡していたピアノレッスン代は、一体何に使われたのだろうか?心配したデヴィッドは弟のピーターに相談するが、思春期の女子ならばそのくらいの事件もあるだろうと慰められる。

マーゴットの行動が気になったデヴィッドが妻・パメラがかつて使っていたアカウントでパソコンにログインしてみると、マーゴットの親しい友人の連絡先を見つけた。早速電話をしてみると、マーゴットたちはキャンプの予定を立てていたが、出発当日、マーゴットは待ち合わせ場所に現れなかったことを知る。

事態を把握したデヴィッドは、警察に捜索願を出した。

マーゴットの本当の姿

デヴィッドは次にマーゴットのアカウントでパソコンにログインしてみると、マーゴットはパメラのメールアドレスでFacebookに登録していたことが分かった。

パメラのメールアカウント情報を知っていたデヴィッドは、マーゴットのFacebookアカウントにログインすることに成功する。

Facebookからマーゴットの友達の情報を集め連絡を取っていくが、パメラの死以来、マーゴットは彼らと疎遠になっていたことを知る。デヴィッドは娘のことを何も知らなかったのだ。

事件を担当したヴィック刑事は、そんなデヴィッドを見守っていた。

また、YouCast上ではマーゴットとフィッシュ&チップスというアカウントとの交流を見つけ、ヴィック刑事に報告した。そのユーザーは母が癌に侵されていると投稿しており、同じく癌で母親を亡くしたマーゴットも彼女に興味をもっていたようだ。残されていた動画の中でマーゴットは、母のことを語り、人知れず涙を流していた。

その後マーゴットのSNSをいくつか見たデヴィッドは、マーゴットがバルボッサ湖を頻繁に訪れていたことを知る。知らせを受けたヴィック刑事たちがバルボッサ湖に向かい大規模な捜索が行われたが、マーゴットの姿が発見されることはなかった。

湖の中からは、彼女の車と、デヴィッドがこれまでにピアノレッスン代として渡していた2500ドルが発見されただけだった。マーゴットは一体どこへ消えてしまったのだろうか?

苛立つデヴィッド

ある日、デヴィッドはマーゴットの同級生がマーゴットの失踪を馬鹿にしていることを知る。デヴィッドがその学生を殴りつけてしまうと、その様子がネット上で拡散されてしまった。

デヴィッドは刑事にも信用されなくなり、捜査に関わることが出来なくなってしまった。

仕方なく、デヴィッドは自力で捜索を行うことにした。

疑われる弟のピーター

自力で捜索を続けていたデヴィッドはニュースサイト上で、湖で発見されたマーゴットの自動車の内部を写した写真に、弟のピーターの洋服があることに気付く。

デヴィッドはピーターが事件に関わっていると考え、彼の家を訪ねる。そこで数台のカメラを設置し、ピーターと話す様子を撮影した。

マーゴットはどこにいるのかと問い詰めるデヴィッド。しかし、ピーターはマーゴットとマリファナを吸っていただけだという。

その頃、デヴィッドにヴィック刑事から緊急の連絡が入っていた。ある更生中だった元犯罪者が、マーゴットの殺害を自供し、自殺したのだ。

デヴィッドはその場で泣き崩れた。

絶望的になるデヴィッド

知らせを受け、呆然とパソコンを見ていると、マーゴットが連絡を取っていたフィッシュ&チップスというアカウントのアイコン画像が、あるモデルの画像であることに気付く。

なぜ、このことをヴィック刑事は知らせてくれなかったのか。ヴィック刑事とは密に連絡を取り、捜査の進捗を密に連携していたはずだ。

警察へ問い合わせてみると、ヴィック刑事はこの事件に自ら志願して関わっていたことが分かる。

デヴィッドが不安に駆られてネット上でヴィック刑事のことを調べてみると、ヴィック刑事がマーゴットの殺害を自供した元犯罪者と一緒に映っている写真を見つけた。ヴィック刑事の狙いは一体何だ?

事件の真相

実は、マーゴットを襲ったのはヴィックの息子だった。ヴィックは、陰でこの事件の捜査をコントロールしていたのだ。

ヴィックの息子はマーゴットに恋をしており、フィッシュ&チップスという女性のアカウントに成りすまし、マーゴットと連絡を取っていた。マーゴットは行方不明になった夜、2500ドルをフィッシュ&チップスに渡そうとしていた。癌で闘病中の彼女の母親の為に使ってほしいと。

そんなマーゴットを、ヴィックの息子が襲ってしまったのだ。ヴィックは息子をかばうために、自分が更生に関わっていた元犯罪者にマーゴットの殺害を自供させていた。

そしてマーゴットは殺害されておらず、生き延びている可能性が発覚する。必死に捜索にあたると、衰弱しきったマーゴットを無事に発見することができた。

その後、マーゴットは徐々に回復する。マーゴットのパソコンには、デヴィッドと2人で笑う幸せそうな写真が映し出されていた。

search/サーチの感想とまとめ

本作はストーリーの全てがパソコンの画面上で展開されるという、全く新しい体験でした。

監督のアニーシュ・チャガンティはこれがデビュー作。彼は大学院で出会ったセブ・オハニアンと、Googleのプロジェクトを成功させました。セブ・オハニアンは本作で監督と一緒に脚本を書いています。

2人はこの新しい設定の作品に誘われたとき、大きな不安を抱えていたそうです。当初はショートフィルムとしてであれば実現出来ると考えていました。その後長編映画にするというチャンスをもらいますが、なかなかストーリーをまとめることが出来ません。

しかしある日、オープニングシーンのアイディアを思いついた2人は、一気に映画制作を進めることが出来ます。この時に思いついたのが、実際に本編の冒頭で採用されている、パソコンに保存されているファイルから人生を振り返るオープニングシーンです。

また撮影は、「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」という映画を元にしているそうで、実写の撮影前にシーンを作っていました。本作で出てくる、パソコン内部のアニメーションですね。

本作の実写の撮影方法は出演者も新しい経験だったようで、主人公役のジョン・チョーはこれまでにないパソコン画面の前での演技に苦戦したそうです。一方、娘役のミシェル・ラーは、彼女自身がデジタルネイティブ世代ということもあり、違和感なく演技を出来たと言います。

今回、映画界にまた素晴らしい監督が誕生しました。既に新しいプロジェクトが始まっているそうで、アニーシュ・チャガンティ監督のこれからの作品にも期待です。

ストーリーの中では、チャットやカレンダー、メール、写真、SNSやニュースの動画を通して、登場人物の行動や気持ちを見事に描いてました。パソコンを見ているだけで、ストーリーが成り立ってしまうのです。

そして改めて、現在私たちの生活のあらゆることが、パソコンの中で行われているということにも気付かされました。SNSで、人間関係も行動パターンも、何でもわかってしまう時代なんですね。

また公式ホームページでは、本編でも何度も出てきたシーンのように、デヴィッドとチャットが出来ます。是非、何か話しかけてみてください。

これまでになかった、新しい体験が出来る映画「search/サーチ」は、10月26日(金)より全国でロードショーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です