映画『メリー・ポピンズ リターンズ』あらすじ・ネタバレと感想!動画の無料視聴方法も紹介

『メリー・ポピンズ リターンズ』は1965年に公開されたのディズニー映画『メリー・ポピンズ』の続編。主人公のメリー・ポピンズには、人気俳優エミリー・ブラントが扮しています。時代は前作から25年後、1935年のロンドンで、経済は大恐慌で疲弊。バンクス家も困難を強いられる中、凄腕ナニーのメリー・ポピンズが久しぶりに風に乗ってやって来ます。

『メリー・ポピンズ リターンズ』作品情報

タイトル:メリー・ポピンズ リターンズ

原題:Mary Poppins Returns

監督:ロブ・マーシャル

脚本:デヴィッド・マギー

原作:『メアリー・ポピンズ』パメラ・L・トラヴァース

製作:ロブ・マーシャル、ジョン・デルーカ、マーク・プラット

公開日:2018年11月29日(アメリカ)、2019年2月1日(日本)

出演者:エミリー・ブラント、リン=マニュエル・ミランダ、ベン・ウィショー、エミリー・モーティマー、メリル・ストリープ、コリン・ファース、ディック・ヴァン・ダイク

『メリー・ポピンズ リターンズ』概要

監督を務めたロブ・マーシャルは、前作で使われたアニメーションを重要な要素とし、製作費が2倍になる事も覚悟して、既に引退していたアニメーターに頼み2Dの手描きアニメーションを劇中に織り込む事を決めました。また、脚本を書いた『ネバーランド』や『ライフ・オブ・パイ』のデヴィッド・マギーは、原作では子供としてしか登場しないマイケル、ジェーン・バンクスが大人に成長した物語を執筆。新たな課題を抱えるバンクス家にメリー・ポピンズが帰ってくるという構成でなければ、前作のハッピーエンドに沿わないとの理由で決定されました。

メリーポピンズ リターンズのフル動画を無料視聴する

メリーポピンズ リターンズのフル動画を無料視聴したい方はこちらの記事を参考にしてください。

メリーポピンズ リターンズのフル動画を無料視聴する

キャスト

メリー・ポピンズを演じられる役者はエミリー・ブラントしかいないと考えたと話すロブ・マーシャル。また、名優が脇を固める本作は、コリン・ファースやメリル・ストリープも出演しています。そして、御年93才のトニー賞受賞俳優『ジェシカおばさんの事件簿』でお馴染みのアンジェラ・ランズベリーも終盤に登場。

『メリー・ポピンズ リターンズ』あらすじとネタバレ

大恐慌時代のロンドン。妻を亡くしたマイケル・バンクスは、3人の幼い子供達ジョン、アナベル、そしてジョージを育てている。父が勤務していたフィディリティ銀行でパートタイムの仕事に就いているが、生活が厳しく家を担保に銀行からお金を借りていた。

バンクス家のピンチ

銀行の弁護士が家に訪れ、マイケルが支払いを3ヶ月滞納したため、残額全てを5日後の夜中までに払わなければ家を差し押さえると言う。マイケルの父は生前銀行で上役をしていたため、マイケルとジェーンは株式を保有していた筈だと気が付く。

マイケルは、早速屋根裏に積み上げた段ボール箱を開けて株式証書を探す。オルゴールの中から、妻が身につけていた真珠のネックレスを見つけ、恋しがるマイケルは暫し思い出に浸った。しかし、緊急を要する問題を対処するため現実を見つめようと決意。

幼少時代に遊んだを見つけたマイケルは、ジェーンが思い出の品だと止めるのも聞かず、他のゴミと一緒に捨てるため外へ出す。急に突風が吹き、風で舞い上がった凧は空へ昇り、巡り巡ってマイケルの子供達が居る公園へ流れ着く。

ガス灯に火を灯す仕事をするジャックは、その強い風に只ならぬ予感を覚え自転車を走らせ公園へ向かった。ジョージが風に舞っている凧を掴み、ジャックも手伝うが風の強さに負けて手を放してしまう。

メリー・ポピンズ リターンズ

すると、空から凧の端を掴んだメリー・ポピンズが下りてくる。3人の前に下り立ったメリーは、泥だらけで不潔だと小言を言い始めた。メリーが自分達の名前を知っている事に眉をひそめる子供達。ジャックは相変わらず素敵だと褒め、メリーは気を良くする。

メリーは、この子供達にはナニーが必要なので父親へ会いに行くと言うや否やさっさと歩きだす。メリーの姿を見たマイケルとジェーンは驚愕。口を呆然と開けているマイケルに、はしたないので口を閉じろとメリー。

マイケルは、全然年を取っていないメリーに会えて嬉しいと言うが、メリーは女性の年に関してコメントするのは失礼だと取り付く島が無い。マイケルは、自分やジェーンのナニーだったとメリーを子供達に紹介した。

メリーは、早速3人をお風呂に入れる。メリーは泡風呂を作りながら、アヒルのおもちゃをバスタブに入れた。湯船からイルカが顔出す等、文句を言っていた子供達の顔は変わり次々にお風呂へジャンプして入る。3人の後に続き、メリーもジャンプイン。

メリーと子供達は、魚が泳ぐ海の中。メリーが投げ入れたおもちゃのアヒルは、巨大なサイズになっている。シャボン玉で水上まで上昇し、ボートに乗り込んだ4人の頭上を越えるように、たくさんのイルカがジャンプを始めた。

メリーがボートの栓を抜くと、海に渦が出来てボートが飲み込まれる。すると、いつの間にか4人はバスルームに戻ってきていた。バスタブの底に横たわるあひるのおもちゃを掴んだメリーは、拾って自分のバッグへ戻す。

すっかりメリーを気に入った3人は、部屋の片づけをメリーに命じられると素直に従う。ジョージは、紙屑が入った箱を運ぼうと中を覗く。マイケルが写生した家族の絵を見つけてポケットにしまった。

マイケルとジェーンは、銀行の実質権力を握るドースの甥・ウィルキンスへ面会。父が証券を保有していた記録がないかと尋ねる。ウィルキンスは、株主リストをめくり、マイケルの父は株を持っていなかったと話す。

しかし、まだ期限は残っており、ビックベンのチャイムが夜中を告げるまで時間はあるとマイケルとジェーンを力づけた。兄妹を見送ったウィルキンスは、マイケルの父が保有していた株券に関する記録を燃やしてしまう。

長男のジョンは、母が貴重品と呼んで大切にしていた陶磁器を売れば融資の返済に当てられるのではと思いつく。ジョージは母の遺品だと言って陶磁器を掴み、3人の間で取り合いになり、誤って落とし欠けてしまう。

ジャックと世間話をしていたメリーは、音を聞きつけてやって来る。直してあげると言ったメリーは、ジャックも連れて皆で陶磁器に描かれた世界へ飛び込む。そこは、アニメの動物が住み言葉を話す。馬車に乗り音楽堂へ来た一行は、ショーを楽しんだ。

子供達が目を覚ますと、ベッドの中。メリーは、従姉に頼んで陶磁器を修復すると約束した。翌日、ジャックが送ると申し出、自転車の荷台に梯子を結んで子供達とメリーを乗せ、メリーの従姉トプシーの修理店を訪れる。

一風変わったトプシーと歌ったり踊ったりして時間を過ごした後、トプシーは陶磁器を直そうと快諾。アナベルは、極めて貴重な物と聞いている事をトプシーに話す。トプシーは、その人にとってはそうだったかもしれないと答えた。

マイケルが家に忘れたブリーフケースを届けるため、子供達とメリーは仕事先の銀行を訪れた。ウィルキンスが弁護士達に期限が来たらマイケルの家を滞りなく差し押さえるよう指示。その会話を扉の外で立ち聞きしていた子供達は大騒ぎ。

ウィルキンスと弁護士は3人を追いかけ、階下に居るマイケルと遭遇。ウィルキンスは、期限が迫っている事を暗に示唆し、時間までは待つと言った。ウィルキンスが家を盗もうとしていると訴える子供達をマイケルは叱り、メリーに家へ連れ帰るよう命じた。

帰宅途中、何をやってもうまく行かないとうな垂れる子供達。ロンドンの街を霧が覆い視界が悪くなる。道に迷ったと焦る3人の前に、ガス灯に火を灯していたジャックが明かりを頼りに歩けば大丈夫だと声を掛けて来た。

次々に灯るガス灯が道先案内になり、一緒にステップをして歩く5人。たくさんの街灯に囲まれた噴水に辿り着いた5人は他のガス灯係の青年達と歌って踊り、楽しい時間を過ごすのだった。

家に戻ると、心配するマイケルが腹を立てていた。子供達が銀行で騒いだので仕事を失いかけたと文句を言い、不況でまともな職を見つける事がいかに大変かを子供達に説く。

怒りの矛先はメリーにも向くが、彼女はいつも通り冷静な表情。思い出の詰まる家を失いたくないと途方に暮れるマイケル。妻が亡くなってから全てがおかしくなったと涙を浮かべる父を幼い子供達が慰めた。

笑顔を浮かべたマイケルは、何処に行こうともお母さんは一緒だと3人を抱きしめる。返済期限の最終日。バンクス家から荷物が運び出され、ジャックがガス灯係の友人達を連れてトラックに荷を積んでいた。マイケルとジェーンは、空になったリビングに佇む。

不可能を可能に

家族で家にさよならを告げ、ジェーンのアパートへ向かう事にする。ジョージが凧を忘れたと取りに行き戻ってくると、マイケルは自分が写生した絵で息子が穴を塞いだのを見て、上手だとジョージを褒める。

改めて凧を見つめたマイケルは、探していた株券の裏だった事に気が付く。銀行が閉まるまで7分。マイケルは今からでは間に合わない、時間を戻せる訳では無いと嘆く。すると子供達が不可能だと思える事も全てに可能性がある、とメリーの言った言葉を繰り返す。

やりましょう、と引き受けるメリーに、マイケルは当惑。メリーは、凧を持って銀行へ行くようマイケルとジェーンに指示。ジャックの自転車に跨り、子供達とジャックを荷台に乗せて走り出す。

時計台に到着したジャックは友人達の力を借りて時計打に登るが、夜中まで1分を残しどうしても針まで届かない。そこに傘を広げたメリーが空を飛んで時計の文字盤までやって来る。針が真夜中を指すため動いた所を手で止めると時間を戻した。

ジャックや子供達は歓声を上げる。一方、銀行内ではウィルキンスが真夜中のチャイムが鳴らない事を訝しく思っていた。ビックベンの様子を見に窓を覗いたウィルキンスは、マイケルがトラックから下りて銀行へ向かっている姿を発見。

弁護士に入口をブロックしろと命じた。扉を叩いても開けてもらえないマイケルは、凧は上げれば良いと気が付く。ウィルキンスのオフィスの窓に向けて凧を上げるが、中のウィルキンスは気づかない。

そこに突風が吹き、勢いよく窓が開いて凧がオフィスへ流れ込んだ。ニヤリと微笑むメリー。やっと扉をあけてもらい、マイケル達がオフィスへ駆け込む。凧に貼られた証券の切れ端を繋ぎ合わせるが、署名の部分だけが見当たらない。

ウィルキンスは、署名が無ければ証券は無効だとしたり顔。子供達は銀行株を持っていた事を知っているくせに、最初から家を狙っていた、と食い下がった。マイケルは、家をくれてやるとウィルキンスに言い、必要なものは手にしていると子供達を引き寄せた。

そこへ、ウィルキンスの伯父・ドースがオフィスに入って来る。話は聞いたぞと言い、メリーの話す傘にウィンクをし、銀行の株主を騙すつもりかと迫った。ウィルキンスは、銀行は2倍の利益を生み出していると胸を張る。

ドースは、顧客の信頼を裏切るやり方は許せないと怒り、自分が職に戻るので用無しだとウィルキンスを追い出した。ドースが返済は済んでいるので家の所有権はマイケルの物だと話し、マイケルとジェーンは歓喜を上げた。

子供の心を持ち続ける

ある春の日、桜が咲く中を催し物が開催中の公園に家族全員で出かけるバンクス家。風船売りのお婆さんが、自分に合うのを選ぶように話す。子供の時以来風船など持ったことが無いと言うマイケルに、お婆さんは少年の心を思い出してとヒントをくれた。

マイケルは数ある中から1つの風船を選ぶと、ゆっくり上昇し始める。マイケルは、子供の頃メリーと一緒に想像した事は全部現実になったと嬉しそうにジェーンに呼びかける。子供達も自分の風船を選び、次々と空へ昇って行く。

ジェーンとジャック、そして公園に居たガス灯係の青年達も後を続く。その光景を満足そうに見つめるメリー。そこに突風が吹いて来る。去る時が訪れたと悟ったメリーは、傘を開いて空高く去って行くのだった。

『メリー・ポピンズ リターンズ』を観た感想

『オペラ座の怪人』や『レ・ミゼラブル』等大作と呼ばれるミュージカル映画がリメイクされた近年。両作とも悲劇のドラマですが、『メリー・ポピンズ リターンズ』は、ダンスと歌に溢れたとても楽しい作品です。

主役のメリー・ポピンズを演じたエミリー・ブラントは、女王、FBI捜査官、シングルマザー等、何でもこなせる俳優ですが、本作ではまた違う面を見る事ができます。

既に公開されている各国で大ヒットを記録。2019年第76回ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門作品賞にノミネートされており、批評家や映画通からも絶賛されています。

初代メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースは、もっと柔らかい物腰でした。一方今回の続編で登場するメリー・ポピンズは、殆ど笑顔を見せず子供の躾やマナーを厳しく注意します。

でも、子供達の心の成長のためなら本気で取り組むスーパーナニーという共通点は同じです。面倒を見る子供達が笑顔を取り戻し、それが周囲にも波及して行く様子は実に微笑ましいプロセス。

また、ガス灯と噴水広場で繰り広げられる歌とダンスのシーンは、ミュージカル映画として一番盛り上がる場面でした。ここで大活躍するのが、ジャック役を演じたニューヨークの舞台俳優で作詞作曲としても知られるリン=マヌエル・ミランダ。

振り付けもダイナミックで、バンクス家の子供達とメリー・ポピンズ全員参加の終盤は、さながら舞台のミュージカルを観ている様で見どころ満点です。

特に演技で光るのは、マイケル・バンクスを演じたベン・ウィショー。演じる人物に成りきる七変化を毎回披露します。『007』シリーズのQ役や『パディントン』でパディントンの声も担当して広く知られるようになりました。

実は、テレビドラマでも活躍しており、ゴールデン・グローブ賞のテレビ部門で助演男優賞を受賞したばかり。2015年に放送された『ロンドン・スパイ』は、圧巻の演技で批評家から高い評価を得ました。

ウィショーは、子供の頃に観た『メリー・ポピンズ』の大ファンであり、シェークスピアの『テンペスト』で歌を披露した経験もあります。本作の監督『シカゴ』のロブ・マーシャルから直にマイケル役をオファーされています。

映画製作では珍しく8週間のリハーサルを撮影前に設けたマーシャル。歌う事に緊張していた俳優達へ、キャラクターの心情に集中するよう話したそうです。物語に説得力が無ければミュージカルは成立しない事を熟知したプロのアドバイスと言えます。

本作には、アカデミー賞俳優『英国王のスピーチ』のコリン・ファースやメリル・ストリープ、そしてオリジナルの『メリー・ポピンズ』で銀行家ドースを演じ本作にも登場するディック・ヴァン・ダイク等豪華キャストである事も見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です