【完全暴露】映画「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のネタバレ!ラストの結末は?

スターウォーズ エピソード5はスターウォーズシリーズで製作された2作目の作品です。

今回はスターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲のネタバレについてご紹介します。ネタバレについて知りたくない方は閲覧にご注意ください。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…

銀河帝国と反乱同盟軍が激しい戦いを繰り広げていた時代。

銀河帝国軍の超巨大要塞「デス・スター」が反乱同盟軍に破壊された「ヤヴィンの戦い」から3年。
帝国軍の激烈な反撃を受けた反乱同盟軍はヤヴィン第4衛星の基地から撤退を余儀なくされ、辺境の極寒と氷の惑星ホスに新たにエコー基地を築いて拠点としていたのである。

銀河帝国皇帝パルパティーンの右腕であるシスの暗黒卿ダース・ベイダー(声:ジェームズ・アール・ジョーンズ、スーツアクター:デヴィッド・プラウズ)はデス・スター破壊の立役者となった反乱同盟軍の若き戦士ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の捜索に執念を燃やしており、銀河系の隅々に無数の探査ドロイドをくまなく放っていたのだ。

極寒の惑星ホス

エコー基地の近くに謎の隕石が落下、二足歩行の原住生物トーントーンに乗ってハン・ソロ(ハリソン・フォード)と共に警備の任に就いていたルークは隕石を調査したいと申し出、ハン・ソロと二手に分かれて行動することにするのだった。

一足早く基地に戻ったハン・ソロは司令官のライカン将軍(ブルース・ボア)に対し、犯罪王ジャバ・ザ・ハットに借りた金を返さねばならないとして反乱同盟軍から離れる意志を伝えたのである。
ライカン将軍は理解を示してくれたが、レイア・オーガナ姫(キャリー・フィッシャー)は「あなたがいつまでもいてくれるものだと思っていました。我々はあなたを必要としているのです」と引き止めてきたのだ。

しかし、ハン・ソロは「あんたは俺のことが気になってるんだろ?」と取り付く島もなかった。

そんな折、ルークが未だに基地に戻って来ないことを知ったハン・ソロは、トーントーンにまたがるとルークの捜索に向かうのであった。

その頃、ルークは獰猛な肉食動物ワンパに捕まっており、氷の洞窟で逆さに吊るされていたのである。
ルークはフォースを使って雪の中に落下していたライトセーバーを拾い上げ、ワンパとの死闘の末に何とか脱出することに成功したのだが、基地に戻る途中で猛吹雪の中で行き倒れてしまうのだった。

「ルーク、ルーク…」
意識朦朧のルークの耳に懐かしい声が聞こえてきた。
ルークの目の前には、フォースとひとつになって霊体化したオビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)が立っていたのだ。

オビ=ワンはルークに呼びかける。
「惑星ダゴバに行くがよい。そこで我が師匠であるジェダイ・マスターのヨーダの教えを受けるのだ」

ルークはその直後、駆け付けたハン・ソロに救出されたのである。
ハン・ソロはルークのライトセーバーを使って力尽きたトーントーンの腹を裂き、その中で吹雪をやり過ごすのだった。

翌日、ルークとハン・ソロは無事にエコー基地へと生還した。
しかしその直後、帝国軍の探査ドロイドが基地近くに飛来したことが判明したのだ。

探査ドロイドは証拠隠滅のため自爆したのだが、基地の存在は帝国軍に察知されてしまったのである。
ライカン将軍は基地の全軍に撤退命令を出すのだった。

AT-AT襲来! ホスの激闘

その頃、ベイダーの旗艦である帝国軍の超巨大戦艦スーパー・スター・デストロイヤー“エクゼキューター”を中心とする艦隊では、艦隊の司令官であるオゼル提督(マイケル・シェアード)がエクゼキューターのピエット艦長(ケネス・コリー)からホスに生命体らしき反応があったという報告を受けていた。
ベイダーは反乱同盟軍がホスにいること、そしてルークが行動を共にしていることを察知、直ちにヴィアーズ将軍(ジュリアン・グローヴァー)にホス侵攻の準備を命じたのだ。

しかし、オゼル提督の判断ミスにより艦隊がハイパースペースを抜けてホス近辺に飛来したことが反乱同盟軍に察知されてしまい、ライカン将軍は撤退を進めつつエコー基地一帯にシールドを張り、地上戦の準備を命じたのである。

かねてからオゼル提督の度重なる失態にしびれを切らしていたベイダーは、モニター越しにオゼル提督を“フォース・グリップ”で処刑し、独断でピエット艦長を新たな提督に任命、艦隊の指揮を執るよう命じるのだった。

反乱同盟軍は人員や物資を乗せた貨物船が敵陣を突破するための時間を稼ぐため地上戦に打って出、ルークもスノースピーダーを駆って出撃した。
一方の帝国軍は四足歩行の巨大兵器“AT-AT”を投入、反乱同盟軍の必死の抵抗を頑丈な装甲で跳ね除け、スピーダー部隊も次々と撃墜されていったのだ。

それでもスピーダーの1機がロープをAT-ATの脚部に引っ掛けて転倒させたがこれが精一杯の抵抗であり、遂にシールド発生装置は突破され、最後まで基地で指揮を執っていたレイア姫も全軍の撤退を指示すると、ン・ソロやチューバッカ(ピーター・メイヒュー)、C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)と共にミレニアム・ファルコン号に乗り込み、ホスから脱出していくのだった。

ホスは帝国軍に完全制圧され、ベイダーも現地に上陸したのだが、ルークの身柄を確保することはできなかった。
その頃、ルークは仲間たちと再会を誓い合うと、R2-D2(ケニー・ベイカー)と共にXウィング・ファイターに乗り、そのまま反乱同盟軍本体と別行動を取ってホスを後にするのだった。

ルークはオビ=ワンの導きに従い、惑星ダゴバへ向かっていったのである。

ミレニアム・ファルコン号の逃避行

ハン・ソロやレイア姫らを乗せたミレニアム・ファルコン号はスター・デストロイヤー艦隊の裏を掻こうとハイパースペースに飛び込もうとしたのだが、間の悪いことにハイパードライブは故障しており、やむなく近くの小惑星帯に逃げ込んでやり過ごすことにしたのだ。

一方、ピエット提督からファルコン号発見の報告を受けたベイダーは、小惑星帯を徹底的に捜索するよう強く命じるのだった。

とある小惑星の洞窟の中に身を隠したハン・ソロたちはファルコン号の修理を開始した。
その最中、ハン・ソロはひょんなことからレイア姫の手を取ったのだ。
レイア姫はハン・ソロを悪党呼ばわりしつつも、いつしか二人は自然と惹かれ合っていったのである。

しかし、異変を察したC-3POの報告を受けたハン・ソロがファルコン号の周辺を調べると、何とこの洞窟は宇宙船のエネルギーを喰らう巨大な怪物“マイノック”の巣穴であることが判明したのだ。

ハン・ソロたちは修理の不十分なままファルコン号を急発進させ、何とかマイノックの魔の手から逃れたのである。

その頃、ベイダーは皇帝パルパティーンから呼び出しを受けていた。
(公開当時のオリジナルバージョンではクライヴ・レヴィルがパルパティーンを演じているが、「エピソード1~3」公開後のDVD・ブルーレイ版では次作「エピソード6/ジェダイの帰還」からパルパティーンを演じるイアン・マクダーミドの演技に差し替えられている)

パルパティーンも、そしてベイダーも、フォースに大きな乱れが生じていることを感じ取っていたのだ。

通信ルームでパルパティーンのホログラムの前に跪いたベイダーは、パルパティーンの口からルークこそが伝説のジェダイ“アナキン・スカイウォーカー”の血を引くものであると確信していると告げられ、一瞬たじろぐのだった。

パルパティーンは、ルークのフォースは非常に強いものであり、決して殻をジェダイの騎士にしてはならぬと厳命した。
ベイダーはルークを暗黒面に引き入れて帝国側に寝返らせることを提案、拒んだ場合は抹殺もやむなしとの意思を示したのである。

伝説のジェダイマスター、ヨーダ

その頃、ルークとR2-D2は惑星ダゴバに到着していた。

沼地と湿地帯だらけのこの星は街や文明らしきものは確認できなかったが、何やらとてつもなく強力なフォースがあることだけは感じ取れたのだ。

この星を探索していたルークとR2-D2は、緑色の皮膚をしたひとりの小柄な老人に遭遇した。
この老人はルークが持ってきた非常食を勝手に食べたり、はしゃぐ子供のようにR2-D2にイタズラをしたりとやりたい放題であった。

ルークは老人にヨーダの行方を探していることを伝えると、老人はルークを自宅まで案内して食事をご馳走してくれたのだが、とてもルークの口に合うものではなかったのだ。
老人はルークの問いかけにもはぐらかすばかりであったが、ルークの父のことは知っていたのである。

老人曰く、ルークの父は非常に優秀なジェダイ騎士だったというのだ。

ルークのせっかちさに呆れ果てた老人は、オビ=ワンのフォースと語らい始めたのであった。

老人「この子を教えることはできん。辛抱が足りんのじゃ。短気なのは父親譲りじゃ」
オビ=ワン「彼もいずれ辛抱を学ぶでしょう」

この老人こそ、ルークが探し求めていた伝説のジェダイマスター、ヨーダ(フランク・オズ)だったのだ。

ルークは改めてヨーダに教えを乞うが、ヨーダはジェダイの修行を受けるには年を取りすぎており、思慮深さも忍耐力もないことから難色を示したが、オビ=ワンの仲介もあり、やむなくルークの指導にあたるのであった。

フォースの暗黒面

ヨーダの元でルークはジェダイになるための修行を開始した。

ヨーダはフォースこそがジェダイの力の源であると共に、安易に怒りや恐れの感情を抱くとフォースの暗黒面に魅入られてしまい、その者の運命を永遠に蝕み続けるのだとルークに言い聞かせたのである。
かつてオビ=ワンの弟子だったベイダーのように…。

ヨーダは「ジェダイは知識と守護のためにフォースを用いるのじゃ。決して攻撃に用いてはならぬぞ」と戒めるのだった。

修行の最中、ルークは謎めいた洞窟の辺りから暗黒面のフォースが漂ってきているのを察知した。
ルークはヨーダの「武器は置いて行け」との忠告も聞かずに洞窟に足を踏み入れたのだ。

洞窟の先にいたのはダース・ベイダーだった。
ルークはライトセーバーを抜き、ベイダーと刃を交え、その首を撥ねたのである。

しかし、割れたマスクから現れたのは何とルーク自身の顔だったのである。
このベイダーは暗黒面が創り出した幻影であり、ルークの心の弱さでもあったのだ。

ルークは戦慄するしかなかったのである。

続いてはフォースを用いて物体を浮遊させる訓練。

何とか軽い石は持ち上げられるようになったルークだが、沼に沈んでしまったXウィング・ファイターを引き上げるのに苦戦するのだった。

ルークはヨーダに「やってみます」と応えるのだが、ヨーダは「“やってみます”ではない。“やる”か“やらぬ”かじゃ。わしを見よ。お前は大きさだけで判断するのか?」と言うと、自らフォースを駆使してXウィングを軽々と持ち上げて見せたのである。

ヨーダは話を続ける。
「わしにはフォースがついておる。生命がフォースを生み出し、そして育むのじゃ。フォースはお前とわしの間にも、あらゆるものの周りにも、どこにでもあるものなのじゃ。それらはわしらを包み込み、結び付けておるのじゃ。わしらは輝ける存在なのじゃぞ」

伝説の賞金稼ぎ

その頃、ミレニアム・ファルコン号は帝国艦隊の追撃を逃れ、辛うじて小惑星帯から脱出することに成功していた。
ハン・ソロは辺境の惑星ベスピンにいるかつての悪友ランド・カルリジアン(ビリー・ディー・ウィリアムズ)を頼ることにしたのである。

一方、帝国軍はファルコン号そしてルークを見つけ出すため、銀河中から腕利きの賞金稼ぎを呼び集めていたのだ。
その中には、あのジャバ・ザ・ハットとも繋がりのある伝説の賞金稼ぎ、ボバ・フェット(声:ジェイソン・ウィングリーン(公開時のオリジナル版)、声:テムエラ・モリソン(DVD・ブルーレイ版)、スーツアクター:ジェレミー・ブロック)の姿もあった。

部下たちの不安をよそに、ベイダーはボバら賞金稼ぎに対し、報酬と引き換えにファルコン号を見つけ、殺さずに生け捕りにせよと命じるのだった。

ボバは愛機スレーヴ1を駆り、密かにファルコン号の行方を追ったのである。

その頃、ダゴバでは、修行中のルークがフォースでハン・ソロやレイア姫たちに待ち受けているであろう未来の景色を感知していたのだ。
レイア姫たちは雲に浮かぶ見知らぬ都市で苦しみ、命の危険に晒されるというものだった。

ヨーダとオビ=ワンは、今はダゴバに留まって修行を終わらせることが重要であり、ルークを暗黒面に引きずり込もうとする皇帝の思う壺だと引き留めるのだったが、ルークは必ずここに戻って修行を終わらせると誓うとR2-D2を連れてダゴバから飛び立っていったのである。

最後の希望であるルークが暗黒面に取り込まれることを危惧するオビ=ワンに、ヨーダは「もうひとりおるぞ」と告げるのだった。

ランド・カルリジアン

雲の惑星ベスピンの中心都市クラウド・シティ。
ハン・ソロはランドとの再会を喜んでいた。

ランドはこの街の執政官としてガス採掘事業を手掛けているのだが、相変わらず財政は苦しいのだという。
ランドの厚意でファルコン号は修理してもらえることになったのだが、ランドを信用できないレイア姫は早く出発するようハン・ソロに告げるのだった。

そんな折、R2-D2らしき音を聞き付けたC-3POは、待ち構えていたストームトルーパーの銃弾に倒れてしまったのである。
チューバッカは廃品として回収されそうになったC-3POの残骸を回収するのだった。

ハン・ソロやレイア姫たちはランドから食事に招かれると、そこには何とダース・ベイダーが先回りしていたのだ。
ハン・ソロのブラスターの銃撃もベイダーのフォースの前には無力であり、一行はストームトルーパーやボバ・フェットに取り囲まれてしまったのである。

ランドは帝国がクラウド・シティに干渉しないことと引き換えにベイダーと取引をしており、「こうするしかなかったのだよ」とハン・ソロたちの身柄を引き渡そうとしたのである。

しかし、ハン・ソロを捕らえたのはルークを誘き寄せるための罠であること、そしてハン・ソロの身柄をボバに引き渡すことを知ったランドは約束が違うとベイダーに迫るも取り付く島もない。
レイア姫とチューバッカの身柄はランドが預かることになったのだ。

チューバッカは応急処置でC-3POの千切れた手足を繋ぎ合わせ始めた。

「愛しています」「わかってる」

ルークはR2-D2と共にベスピンに乗り込んだ。

ベイダーはルークを皇帝に献上するため、カーボン冷凍の設備で冷凍保存にかけることを画策していた。
しかし命の保証はなく、手始めに実験台として選ばれたのはハン・ソロである。

ベイダーは反発するボバに「もし死んでしまった場合は帝国が保証する」と諫め、ハン・ソロは荒れるチューバッカに「その力は取っておけ。姫を守るんだ」と呼びかけた。

「愛しています」とのレイア姫の言葉にハン・ソロは「わかってる」と応え、二人は熱い口づけを交わした。
その直後、ハン・ソロの身体は冷凍装置にかけられたのである。

凍結されたハン・ソロの身柄はボバに引き渡され、ランドはベイダーからレイア姫たちも拘束するよう命じられた。
しかし、帝国に取引を反故にされたランドは密かにレイア姫たちを解放、ハン・ソロを奪還するため動き出したのだ。

しかし時すでに遅く、スレーヴ1に乗せられたハン・ソロはタトゥイーンへと連れ去られてしまうのだった。

ランドはクラウド・シティの住民たちに避難を呼びかけ、R2-D2と合流したレイア姫たちはファルコン号の元に辿り着いたのである。

ルークVSベイダー、そして衝撃の告白

レイア姫たちを探していたルークの前にベイダーが現れた。

ルークとベイダーはライトセーバーを抜き、1対1の剣闘が始まったのである。

ベイダーは「多くのことを学んだようだな。だがお前はまだジェダイではない。さあ怒りを解き放つがよい。私を倒せるのは憎しみだけだぞ」とルークを挑発するが、感情のコントロールを学んだルークはその手には乗らなかったのだ。

しかし、両者の力の差は歴然としており、ルークは次第に劣勢に追い込まれていくのだった。
そしてベイダーはルークの右手を斬り落とし、ライトセーバーは奈落の底へと落ちていったのである。

勝負あり。
ベイダーはルークに呼びかける。「私に殺させるな。お前はまだ本来の力に目覚めたばかりだ。私と手を組め。さすれば銀河に平和をもたらすことができるのだ」

拒絶するルークに、ベイダーは父親のことを聞いてくるのだった。
「オビ=ワンに聞いたよ。お前が殺したってな!」というルークに、ベイダーは衝撃の事実を告げてきたのだ。

「そうではない。私がお前の父なのだ」

突然のことに「嘘だ…嘘だ!」と取り乱すルークに、ベイダーは話を続けたのである。
「心を研ぎ澄ませ。いずれ事実だと気付く時が来るであろう。ルークよ、お前は皇帝をも倒すことができる。私と手を組め。そして父子で銀河を支配しようではないか」

しかし、ルークはベイダーが差し伸べた手を振り切ると、奈落の底へと転落していったのである。

脱出

レイア姫一行とランドはファルコン号でベスピンから脱出しようとしていた。

しかし、ルークの気配を感じ取ったレイア姫はすぐさま引き返すようランドに告げ、排気口にしがみついている満身創痍のルークを発見、救出に成功するのだった。

ファルコン号は帝国軍の追跡を振り切り、ハイパードライブを起動させて逃げ切ることに成功したのである。

ルークを取り逃がしてしまったベイダーは、部下たちの失態を責めることなく、ただファルコン号の消え去った銀河の彼方に想いを馳せるのみであった。
「ルークよ、私のもとへ来い。それがお前の運命なのだ…」

一方のルークも「ベン(オビ=ワンの偽名)、なぜ教えてくれなかったんだ…」とやり場のない思いを抱え込んでいたのである。

反乱同盟軍の治療船に収容されたルークは、右手に義手を付ける手術を受けた。
ランドとチューバッカはハン・ソロを救出するためファルコン号でタトゥイーンに向けて出発、ルークはレイア姫、C-3PO、R2-D2と共に彼らを見送るのであった。
「二人とも元気で…フォースが共にあらんことを…」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です